取り扱う症状について

頭痛、目眩、痺れ、物忘れなど、脳神経外科で取り扱う症状は様々です。
症状の原因もまたそれぞれ異なり、同じ症状でも病気はまったく異なります。
一人で不安を抱えずに、まず専門医にお気軽にご相談ください。

  • 頭痛

    • 頭が痛くなることがある
    • 急激な激しい痛み
    • 吐き気を伴う痛み
  • 目眩

    • ぐるぐる目が回ることがある
    • くらっと立ちくらみする
    • ふわふわ浮遊感があってふらつく
  • 痺れ

    • 顔や手足の動きが悪い、ピリピリする
    • 感覚が鈍い、力が入らない
  • 物忘れ

    • 料理や買い物ができなくなってきた
    • 少し前のことを忘れてしまう
    • 会話が噛み合わなくなってきた
  • 外傷

    • 頭をぶつけて心配
    • 脳挫傷など、頭の中が心配
  • その他

    • 認知症、脳卒中、脳梗塞などが心配
    • セカンドオピニオン外来

脳の病気は予防と早期発見治療が大切です

どのような症状でもお気軽にご相談ください。

他の病院に通っている方で、セカンドオピニオンを受けたい方、お気軽にご相談ください。

紹介状(診療情報提供書)や医療機関から提供される資料がある場合はお持ちの上、ご来院ください。

午前

午後

※MRI検査待ち時間は電話の際にご確認ください